ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2014年3月5日水曜日

ウクレレの作り方〜ネック指板の接着〜自作楽器


 はみだしているベニヤ板をカンナでけづる。ウチのカンナはよく切れるので、カンナの出番が異常に高い。たぶんヤスリやノミでやる部分もかなりカンナでやってると思う。


チーク材の指板を付けることにした。長さをあわせて切る。


 ヘッドに穴を開ける。ドリルに合うサイズがないので6mmのキリであけて、これで穴を広げる。思い出した。これはリーマーという名前だ。


新木場の木材専門店モクモクで大昔に買って来たコクタンのニセモノでブリッジを作る。まあ、見ての通り。今回はフローティングではなく、ちゃんと表板に固定するタイプにした。これは初めてだが、ナイロン弦なのでそんなにテンションもかからないので大丈夫だろう。

サドルはハンズで買って来た真鍮線。


指板をタイトボンドで接着してクランプして、同時にネックをボデイに接着クランプ。ブリッジのサドルはよく見たら、指板をつけたら高さが足りなくなるのでもっと太い真鍮線に変えた。危ない危ない。


 上から見たところ。楽器作りは時間をかけようと思うといくらでもかけられるのだが、今回からあまりかけないで、進められるところはどんどん進めるようにした。そのためによく見ると作業がかなり荒い。まあ、いいか、ですませることにする。

あと、サウンドホールは付けない。穴のないウクレレは見たことがないが、なくても良い気がする。


ナットをチーク材で作る。ゼロフレットを付けようと思うので、ナットというよりストリングスガイドだ。弦の位置がこれでいいか心配だな。ナットはいざとなると直せるようにタイトボンドは控えめにする。

ほんとうはニカワ付けが良いと思う。今回は裏板とブリッジはメンテナンスを考えてニカワでやってみる予定。

あと、フレットを付けるのはラッカー前か後が良いか、考えている。自作楽器だから適当なのでどっちでも良いのだが、どっちでもいいからといって、手順に悩まないわけではない。