ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2015年8月6日木曜日

自作パワーアンプ|電子機器


自作パワーアンプ|電子機器

自作のパワーアンプである!パワーアンプが必要になって作った。 パワーが1Wか2W。フォノイコライザー内蔵のターンテーブルを買うので作ったのだが、あまり音量が大きくならないのでこれでだいじょうぶか心配だ。

もちろん基盤から作ったのではなく、ジャンク部品から作った。ノックダウンというやつだな。元になったのがコードが切断されて道ばたに落ちていたPC用のパワード・モニター。 動くのかどうかわからなかったが、試してみたらハードに問題はないようだ。

スアマのようなお菓子が入っている紙の箱に入れた。お菓子アンプである。スピーカーが不似合いに豪華で10年くらい押し入れて眠っていたBOSE。高かったのに。ようやく活用できた。

音だが意外と良い。もちろん、スピーカーがやたらと良いのでそのせいなのだが、チープなアンプとやたらと低音と高音の出るスピーカーの組み合わせは似合うようだ。BOSEは聴いてると気持ちが良いのだが、ぜんぜんフラットに出てないので音楽製作のモニターには向いていない。


中身。ハンダゴテを使うと時間がかかるので全力でハンダ付けなしですませた。電源は電池。電池ホルダーを持ってると思ったらなかったのでワニグチクリップで繋いでいる。電池ホルダーを買って来なくては。または、ACアダプター方式にするかも知れない。


いかにも中国製な安そうなパワード・モニター。1000円代クラスだと思う。


まずはこの基盤が生きてるのか実験中。Web仕事しながらやったので机の上に場所がなかった。引き出しの上でやってる。


元のスピーカー。


基盤は生きてるようだ。


できあがり写真。RCA端子はダミー。ハンダで付けるつもりだったが、やめた。


元の入力ケーブルが三極プラグなのでこのようなややこやしいことになっている。


パワースイッチなどは外して付けようと最初思ったのだが、動くならなるべく手間はかけない方がうまく行くものである。あと、紙ケースというのは当然ながら加工が異常にしやすい。これはいいな。