ホラー漫画家・神田森莉 HamsterBooks ハムブログ B級グルメ・ハムコラム 不味そう飯 自宅録音研究所 自作楽器研究所

2017年1月16日月曜日

自作ティンパニフレームドラムの製作:モールド(型)を作り直す


自作ティンパニフレームドラムの製作。モールド(型)を作り直す。

もっとちゃんとモールドを作らないと、板がきれいに曲がらないとわかったので、作り直す。治具の製作からはじめた。自家製のクランプである。幅が20センチ。

めんどくさいがここで作っておくと、ギターを作るときにも使えるのでちゃんと作った。

自家製のクランプの作り方:ジグ(治具)を作る|自作ティンパニフレームドラムの製作 
http://www.homemadeinstruments.kandamori.net/2017/01/blog-post_16.html

それから、段ボールのモールドを半分に切って穴を開ける。穴を開けるのは最初はノミでやったが、夜中にはうるさいので、彫刻刀でぶすぶす刺して開けた。紙なのでこの方が早かった。

治具を穴に通してモールドの完成。今度はちゃんと作ったので、これならしっかり曲がるでしょう。あと、曲げる板の長さと幅を減らした。キッチンシンクに浸かる長さと、完成後の収納を考えてのことだ。


穴を開ける。


大変そうでしょう。


型のできあがり。ギター製作者はこれを板で作るという。電動糸鋸がないと無理だ。


猫の爪研ぎにも使える。使ってくれなかったが。


シナベニアも切り直す。今度は4mmで60cm × 15cm。一周分の板を使えるといいのだが、熱湯を入れる2mのキッチンシンクのようなものが思いつかない。さらにそんな板は売っていないし、売っていても担いで家に持って帰りたくない。いや、探すと売ってるのかな。まあ、こんなでかいものはもう作らないでしょう。

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ
にほんブログ村←気に入ったら投票してください。